墓じまいの基礎知識や費用など悩みに応える知識をまとめたサイトです

サイトマップ

墓じまい

安心して墓じまいをするために

少子化がすすむ現代、たった一人の子供が就職や結婚で家を離れ、 今後お墓はどうやって守っていこう…、という新たな悩みを抱える人が増えています。 墓じまいとは、そんな悩みを解消する手段のひとつ、 おさめられている遺骨を取り出し、お墓を撤去することです。 墓じまいを決断した場合、まずは遺骨の行き先を考えなければなりません。 お墓から納骨堂などに移動するというケースもありますが、 維持費が必要となり、後々トラブルを招きかねません。 菩提寺での永代供養や散骨など、費用の掛からない方法を選ぶのが賢明です。
墓じまいをすることを決め、遺骨の行き先も決めたら、まずは寺や霊園の管理者に報告です。 散骨や自宅に持ち帰っての手元供養を行う場合は、その旨伝えて引き取ることになります。 寺や霊園によっては、「改葬届がないと渡せない」というところもあるかもしれません。 その場合は、他のお寺や霊園、納骨堂などに移動する場合と同様、 墓地を管轄する市区町村の役所で、「改葬許可申請」の手続きを行います。 申請書の改葬理由の欄には、自宅で供養するためと記入すれば、問題ありません。
物理的にお墓を撤去するのは、業者さんに任せます。 寺や霊園によっては、業者が指定される場合があるので、確認が必要です。 取り出した遺骨は、骨壺をキレイにしたり、乾燥させるなど、 新たな行き先に合わせたメンテナンスが必要になりますが、こちらは専門業者に任せた方が安心です。

墓じまいはどのようにするのでしょう

墓を管理する人が遠くに住んでいる場合、墓じまいをする人が増えているようです。兄弟が多く誰かが必ず墓守をできるという時代では無くなったのでしょう。墓じまいをした後の遺骨はどのようにするのでしょうか。まずは、公営の墓地への改葬合祀です。そして、散骨や菩提寺での永代供養、納骨堂への納骨、自宅(手元)供養となります。永代供養や散骨は一度行ってしまえば、永久に処分できますので、手間が掛かりません。近くで遺骨を供養したい人は納骨堂や手元供養がよいでしょう。しかし、墓地は管理する人だけが…

墓じまいは田舎でも増えている

都会というのは土地の値段が高いのでお墓を持てないことで悩む人が多いですが、地方や田舎ではお墓はあっても維持できないことで悩む人も多い物です。お墓もちゃんと手入れしないと雑草が生えていてしまいますし、荒らされてしまっても困るものです。また、何も管理せずにそのままにしておくと長年雨風にさらされていることでお墓が朽ちてしまうこともあるものです。墓石を変えるにしても何十万という費用がかかることがほとんどですから、自分たちの生活が優先でとてもではないけれど墓石までお金がまわらないという人がほとんどで…

安心して墓じまいをするために

少子化がすすむ現代、たった一人の子供が就職や結婚で家を離れ、 今後お墓はどうやって守っていこう…、という新たな悩みを抱える人が増えています。 墓じまいとは、そんな悩みを解消する手段のひとつ、 おさめられている遺骨を取り出し、お墓を撤去することです。 墓じまいを決断した場合、まずは遺骨の行き先を考えなければなりません。 お墓から納骨堂などに移動するというケースもありますが、 維持費が必要となり、後々トラブルを招きかねません。 菩提寺での永代供養や散骨など、費用の掛からない方法を選ぶのが賢明で…

墓じまいをしなくてはいけない理由

墓じまいと言う言葉を耳にした事もある人もいると思いますが、ほとんどの人がこの言葉を聞いたことがないと言う人がほとんどではないでしょうか。 そもそもどういったことをしなくてはいけないのか、墓じまいとはどういったものなのかと言う疑問があると思います。 自分たちの家系のお墓を取り壊したり撤去する事を墓じまいというのです。 代々その家系のご先祖様の骨を納品しているお墓が治家はお父さんの弟、孫の弟と代々そのお墓が受け継がれているのです。 ですから、そのお墓を清掃したり参拝に来たりする人が居なくなった…